2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ウラギリ | トップページ | 袱紗講習会-1 »

2007年10月 8日 (月)

町田ごみフェスタ2007

20071007 昨日は、いよいよ「ごみフェスタ」出展の日だった。その前日まで、家族の協力を得て必死で仕上げたポスターや看板,展示品を担いで朝7時半から搬入を開始した。ブースは、列の端だったので、正面と脇から覗いて下さる方がいて、割りといい場所だったように思う。

200710073 まずは、正面に「ミミズコンポスト」の看板を掲げ、展示品を机の上に並べて行った。ミミズの卵包や糞土,書籍やミミズが食べるエサのリスト、eco検定のリーフレットなど…机の上は、すぐに一杯になった。

200710072 我が家の棟梁が製作してくれた、展示用のトロ箱りんたろう家を、一番手前に展示。このりんたろう家、なかなか調子が良いので、かなり気に入っている。フェスタの二日前にメロンの皮を入れておいたが、朝除くと沢山のりんたろうがメロンに群がっており、それはそれは圧巻だった。満足。
机の下に置いた看板には、ミミズを描いたダンボールを張り、少し立体感を持たせた。かなりお気に入りの看板だ。この看板を見て、「ミミズ…?」と不思議そうに立ち寄って下さる方が沢山いらした。「ミミズコンポスト」とは何なのか、やはり良く分からなかったようだ。副題として「ミミズの生ごみ処理機」とでも書いておけば良かったかな。

200710074 500mLのペットボトルを用いて、ミニミニコンポスターを製作するワークショップも行った。ペットボトルは、ミミズと糞土とシュレッダーにかけた紙を入れられるように切込みを入れておき、上部にキリで空気穴を開けた。また、持ち手としてビニールの紐も付けておいた。これは、以前千葉県のしんまつど幼稚園で開催されたエコパーティで、財団法人科学教育研究会が行っていたワークショップにて、2Lのペットボトルを用いて簡易コンポストを製作したものを参考にさせて頂いた。

200710075 ミニミニコンポスターの作り方のポスターも作ったのだが…見ている人はあまりいなかったようだ凹。このポスターもかなり気に入っている。

200710076 ミニミニコンポスターの製作は、子供達に人気!親御さん達の胸の内は、いかがなものだろう…と思うところも無きにしも非ず。子供は、やっぱり絵を描いたり、物を作ったりすることが好きなんだな。皆一生懸命に名前や絵を描いて、ミニミニコンポスターを製作してくれた。もちろん、子供達ばかりでなく、興味を持って下さった多くの大人の方々も作って下さった。50個用意したペットボトルは、13個しか残らなかった。まさか、こんなに作ってくれる人がいるとは思いもよらず…嬉しい結果となった。

ブースには、知り合いの方も何人も来て下さった。とてもとても嬉しくて、でも一人でブースを切り盛りしていたのでゆっくり話すことが出来なかったのは、大変残念なことだった。そして最も驚いたことは、なんとミミズコンポスト仲間で、いつも堆肥に関する色々なアドバイスを頂いているRAYさんが来て下さった事。私がミミコンの説明をしていると、「私もやっているんですよ。」との事。「りんたろうのHPを見ているんですょ。」との事!あっ、それ私ですっ、と言うと…なんと、その方がRAYさんだったのだ。インターネット上でしか話したことのない方と、お会いできるなんて。そして、その方がいつもアドバイスを下さっている方だと言うことが本当に嬉しく、話したいことが山ほどあったが…慌しくしていたので、やはりゆっくり話す事が出来なかった凹。残念でならない。

今回の初めての出展。反省点は、数多くある。それは、来年に向けての課題として、じっくり検討していかなければならない。けれど、申し込みから始まって準備に格闘し、当日の慌しさもさることながら、何とも言えない充実感は、本当に良い経験になったと満足感で一杯なのである。一人でも、ミミズコンポストを始めて下さる方がいれば、尚嬉しいことである。

« ウラギリ | トップページ | 袱紗講習会-1 »

シマミミズりんたろう」カテゴリの記事

地球と人に優しいこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~.昨日はお疲れ様でした.

ほんと,昨日はどうやって切り出そうか悩んだんです.違う人だったらどうしよう...って...でもお互いにすくにわかった良かったです(^^)

パネルとかほんと良くできていました.絵の苦手な私としてはうらやましい出来映えです(^^;) ペットボトルコンポストの作り方も,いきなり工作にはいるのではなくて,まず「好きな絵を描きましょう」から始まって,みんな楽しそうにお絵かきをしていましたよね.こういう配慮はすばらしいです.

いきなりミミズコンポストを始める人は少数かもしれませんが,生ゴミの堆肥化とか興味を持ってくれる人が増えてくれると私もうれしいです.


§
RAYさん、こんにちは!パネルは一生懸命製作したので、きちんと見て下さっていた方がいるんだなぁ、ととても嬉しくなりました。ありがとうございます。ペットボトルのコンポスターは、本当に皆楽しんでお絵描きしてくれて、なんだかこちらが楽しくなってしまいました。色んな感性があって、特に子供たちの勢いに圧倒されてしまいました。
RAYさんの仰る通り、今回の展示によって、生ごみ処理に関して少しでも関心を持って下さる方が増えてくれたら、嬉しいです。
ご来場下さって、声を掛けて下さって、こんなに嬉しいことはありません。本当にありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町田ごみフェスタ2007:

« ウラギリ | トップページ | 袱紗講習会-1 »